忍者ブログ
Admin / Write / Res
NINJA
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ANNE
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
<!--shinobi1--> <script type="text/javascript" src="http://x7.shidareyanagi.com/ufo/116745200"></script> <noscript><a href="http://x7.shidareyanagi.com/bin/gg?116745200" target="_blank"> <img src="http://x7.shidareyanagi.com/bin/ll?116745200" border="0"></a><br> <span style="font-size:9px"><img style="margin:0;vertical-align:text-bottom;" src="http://img.shinobi.jp/tadaima/fj.gif" width="19" height="11"> <a href="http://free-song.rental-rental.net/" target="_blank">比較サイト</a></span></noscript> <!--shinobi2-->
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
[10]  [9]  [8]  [6]  [5]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりにブログします。
皆さん、新年おめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします

病院というところは、やはりシビアですね。
急性期を過ぎると、症状が安定してきます。 それはそれで喜ばしいことなのですが・・・

病院としては、やはり緊急性の高い というか 治療の余地のある患者さんを受け入れなければいけないので、どうしても慢性的な状態の人を長く入院させることが難しいのですね。

よく聞く 3カ月で転院 というのも、あくまで目安であって、症状が落ち着いて、特に救急病院の場合は、緊急性の症状でなければ、退院もしくは転院を迫られます。

病気にもよりますが、内科的、もしくは外科的な治療を必要としない認知症などの場合は、病院での受け入れはなかなか厳しいモノになるようです。

ただ、アルツハイマーなどの場合は、次第に身体機能も衰えてくるので、栄養摂取が難しくなると
点滴栄養胃ろう or IVH(鼻からチューブを通して栄養を補う) というステップを踏むことに・・・
その場合は、介護施設で対応ができるかどうかで 病院 or 施設への移動となります。

なかなか難しいですね

ところで、病院で 点滴やチューブ栄養、または身体にかゆみなどがある場合、手で触れたり抜いてしまったり・・・というトラブルをなくすため 大きいグローブをつけていることがあります。

こうしたグローブの替えを用意してほしいと言われた時、どこで探せばいいのか・・・

ということで、ANNEはそうした介護お役立ちアイテムを探してみました。

介護用グローブ で検索してもなかなか見つからなかったのですが、偶然チェックできました

 

こんな感じのアイテムです。 2コペアで¥5,413 

Amazonで買えます♪ 実際ANNEの父はこのアイテムが必要だったので、入手しました。



※ 介護保険対象のアイテムですが、 扱う業者によって対象外の場合もあるので、適応商品かどうか 確認してみることをお勧めします。

介護に携わると、いろいろな社会の不便を感ずることが多々あります。
厳しい世の中ですが、少しでもよい社会になるように願っています
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人にのみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  Soleil ANNEのあったか介護ルーム All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]